So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
丹沢/南関東/富士山 ブログトップ
前の10件 | -

山旅トレーニング4 [丹沢/南関東/富士山]

2018df_0534.jpg    たまにはモノクロ

2018df_0532.jpg     毎度同じ様な写真

2018df_0548.jpg    下界を覗く、雲が多い   

2018df_0572.jpg    ガッチリバリケード、通行禁止だった



霧の中、解除されたばかりの富士山スカイラインを五合目まで駆け上がった。

上空に見える僅かな青空に希望を持って歩き出した。

六合目のオバチャンが「その先を左」と言ってくれたがその意味を戻ってくるまで理解できなかった。

七合目をはじめ全ての小屋は閉まっていた……十分水の用意をして来てよかった。

頂上で昼飯と思っていたが、九合目で空腹に耐えかねて、相棒が持たせてくれた海苔弁と焼きナスの味噌汁とミネストローネスープを食べてエネルギーを注入した。

長めの休憩ののち気合を入れて歩き出したが、九合五尺からは歩いては立ち止まりを繰り返した。

富士宮頂上下山口に小さなバリケードがあって、曰く「頂上から六合目までの登山道は通行禁止」と。

知らなかった、本当にシーズンオフなんだ、でも早すぎない?

よく晴れた頂上で下界を眺めやり「あの雲の下は多分雨だな」と思い、陽光を浴びて紅茶を入れたシェラカップを手にマッタリしている事に少しばかりの優越感を感じた。

一時半過ぎ、最後はカッパのお世話になるかもと思いながら穏やかな頂上を後にした。



☆下って行く途中で何人も登ってくる人達とスレ違った、お昼をとっくに過ぎたのに。

足早に登ってゆくトレラン風の人、大きな荷物でビバークでもするのかと思われる人、そういう人に混じって小さなザックにスニーカーの軽装の人もたくさんいた。天気は下り坂、今から登って帰りは暗くなるかもしれないし大丈夫かなと思っても、なにせ富士山だからいろんな人がいる訳で、そんな考えは余計なお世話か。


それでも最も気になった人……

七合目手前で霧の中から人の声がした(何を話しているのかは分からないが)。暫くして3人の青年とすれ違う。先頭はともかく後続はかなり疲れている様子だった。軽装スニーカー白いビニールのコンビニカッパをまとっていて、まだ上を目指すようだった。話してる言葉は中国語に聞こえた。「そろそろ暗くなるし雨も近い様だからもう上に行くのはやめれば」と言おうとしたが、言いそびれて「コンニチハ、気をつけてね」とだけ言って下山を続けた。七合目をだいぶすぎてから、ちゃんと声をかければ良かったかと少し後悔した。さらに下って前をゆくおじさんに追いついてその事を話すと、彼が一応のことはアドバイスしたとのことなので少し安心した。暫くの間彼と一緒にくだり、最近も低体温症で外国人が亡くなったらしい事など富士山でも事故のことなど教えてもらった。

「富士山で外国人遭難」のニュースがないので、あの3人は多分無理はしなかったんだろう。


みんなぁ〜〜〜、富士山をなめないほうがいいよぉ〜〜〜

富士宮五合目から剣ヶ峰往復は、山渓のコースタイムで10時間、休みなしでね。勿論これより早い人も、12時間でも13時間でも歩け人もたくさんいるでしょう。でもそれには気象や体調や高度障害が出ないなどの条件があってのこと。やっぱり実際に事故が起こってみると考えなければいけないんでは、特に夜中に登っている人はねぇ……


もう一度「富士山舐めんじゃねぇ〜〜〜ぞぉ〜〜〜!」






                    2018年9月 今年2度目の富士山






タグ:富士山
nice!(50)  コメント(11) 

山旅トレーニング2 [丹沢/南関東/富士山]

2018df0163.jpg   富士山もあつぅ〜い!

2018df0179.jpg   最後が結構きついんだよなぁ〜

2018df0240.jpg   ここでは夕日も朝日も見えないけど、空の色の変化は美しい(ノイズ多めなのが……)


5時半「富士山に行ってくる」と言い残して家を出た。

今回は気楽な単独行……いつも付き合ってくれる相棒は、足をハチに刺され腫れがひどいのでお留守番。

気楽なのは良いのだが、話し相手がいないのもなんだか物足りない。

というわけで、富士山2日間で会話したiine!な人たちのことを少し……。

☆外国人のお父さん、日本人のお母さん、可愛い2人のお嬢さんのパーティ……お嬢さん達がお父さんと話すときは英語、お母さんとは日本語、夫婦の会話は英語かな……歩く速さは私より早いが、長めの休み時間の為お互い前になったり後になったり……「また会いましたね」みたいな雰囲気が出来上がって……私がピリ辛高菜おにぎりにむせた時やズルリと滑って尻餅ついたときに「おじいさん大丈夫?」と言ってくれたお嬢さん……「おじいさん」にはチョッピリ抵抗があったものの、実際中学生と小学生の彼女達から見れば間違いなくジジイな訳で……もちろん嬉しかったのです……「行けるところまでのつもりだったが、調子が良くて頂上まで行けました。このまま下まで……」と言い残して元気に下って行った素敵な家族にiine!

☆本日の宿・万年雪山荘にザックをデポ(自分のスペースを確保)して剣ヶ峰ピストン……帰ってくると隣のスペースで同年齢と思しき男性が横になっていた……「今一つ調子が出ないので……」と日帰りの予定を変更してここに泊まることにしたらしい……「十分歳だし、無理して誰かに迷惑かけてもいけないし」……どうやら高山病?無理せず行動の打ち切りを決めた彼の勇気にiine!

☆小屋前ベンチで夕食の用意……メニューはアンパン・ジャムパン・レトルトビーフシチュウ・オニオンコンソメスープ……雲のかかった箱根方面を眺めながら食後の紅茶を飲んでいると、隣の夫婦の話し言葉が懐かしい仙台弁……故郷の話やら山の話やら大分長いことおしゃべり……最後に「家内の方が山好きなんだ。俺はそれ程でもないんだが、しょうがないから付き合ってやってるのさ」と嬉しそうに語った旦那さんの笑顔にiine!

☆前をゆく三人組の言葉が気になって……休憩の時に「中国から?」と声をかけると「中国人じゃないよベトナム人だよ」と日本語が帰ってきた……ベトナム語で「コンニチハはなんて言うの?ー「シンチャオ」……「ありがとうは?」ー「タムビエ」……「さようならは?」ー「シンカムオン」(帰ってからウェブで調べました・なかなか覚えられません・間違っているかも)……別れ際、教えてもらったばかりの言葉で「シンカムオン」というと、「それじゃコンニチハは?」と突っ込まれて「えーと」言葉に詰まって、大笑い……ユーモア一杯のベトナム青年にiine!

☆先頭の若い男性は前と後ろにザック、しんがりの女の子は自分のザックと左肩にもう一つ……2人に挟まれて空身で歩く夫婦(?)……親にしては歳かな?かなり疲れている様子……話し言葉がスペイン語に聞こえて……「エスパニア?」って聞いたらお爺ちゃんが「no itaria...fujisan・・・」……何と言ったのか分からなかったが「富士山素晴らしい」と言っていたと勝手に解釈……「チャオ!」と言ったら「ciao!」っと親指をグイッと……祖父母思いの孫たちにiine!


久しぶりに登った2度目の富士山……その日のうちに下ることも出来た思うけど……セカセカ歩くのは性に合わないし(体力が無い事の言い訳)……3400mの空気を思い切り吸い込んでマッタリしたかったし……高山病の症状が少し出ていたようだし……予定通り9合目泊まり。

昏れなずむ富士を堪能……嗚呼気分爽快。


それにしても外国人密度が高い……英語は勿論、通路を挟んだ向かいの区画では中国語・隣の区画ではドイツ語……小屋番の流暢な各国語での説明に感心してしまう私……さすが世界遺産!


さて次回はどこに行こうか……。





              2018年7月 富士宮口から富士山頂










タグ:富士山
nice!(67)  コメント(10) 

JAF [丹沢/南関東/富士山]

2018S2586.jpg


2018S2605.jpg



空は気持ちよく晴れていたのに……

戸沢から大倉尾根に取りついて、ほど良いペースで頂上に着いたのに……

コーヒーを飲みながら小屋のオーナーとのおしゃべりも楽しかったのに……

表尾根のミツバツツジの紫色もきれいだったし小鳥のさえずりも心地よかったのに……

…………

征次郎尾根を下って車に戻ってみると

右のリアタイヤの空気圧がやけに少ない

スタンドでエアーを入れなければと思いつつスタートして500Mも行くと後ろからゴボゴボ音が

ヤバイ、パンク!

山中の林道にタイヤ屋さんもガソリンスタンドあるわけがないし……

最近の車にはスペアタイヤを積んでいないし……

こうなると頼れるのはJAFだけ。

時々途切れる携帯でやっと状況と現在地を報告できたものの、待ち時間は3時間以上……

それでも助けに来てくれるだけでもありがたい、のんびり仮眠しながら待つことに。

…………

陽も落ちてあたりは闇に包まれた頃、下の方からヘッドライトの灯りが……キタキタ!

早速作業にかかる隊員……直ぐに破損個所を発見……

「裂け目が長いので空気もれが止まるかどうか」……不安にさせるのはやめてぇ~

暗い中でもテキパキ修理……頼もしい

しばらくして「止まりました」……ヤッタァ〜〜〜スゴォ〜イ

…………

「未舗装部分はゆっくり走ってください。舗装道路に出たらしばらく走って、そうですね吊り橋のあたりでエアーが減っていないかを確認してください。減っていなければそのまま高速走行もOKです。異常があったらその場で待っていてください。あとかたずけしてから後を追いますから。」

異常は見当たらずそのまま東名に乗って帰宅……やれやれ。


それにしてもあんな山奥までレスキューに来てくれるJAFさんに感謝です。

しかもレスキュー代は無料……何年か前に、思わぬ雪で夏タイヤでは山を下れずレッカーしてもらって以来の2度目のJAF……会員で良かったぁ~!





                   2018年 5月 丹沢塔ノ岳









 



nice!(65)  コメント(11) 

山トレその2 [丹沢/南関東/富士山]

2018S2258.jpg

強風の天気予報だったけど

もせっかくの休みだから

大山でも行ってみるかと10時ごろ東名に

里の桜は終わっても峠の桜はまだ見頃

だらだら歩いて1時間

アンパンとカップ麺で空腹満たし

関東平野を一望したら

今来た道を戻ります


果してこんなでトレーニングになってるのかなぁ〜なってないなぁ~




                2018年 4月 相州大山






nice!(57)  コメント(11) 

山トレその1 [丹沢/南関東/富士山]

2018S2178.jpg


[るんるん]空が晴れたら 友を誘って 富士の姿を みぃにぃゆぅこぉ

美味し楽しい 全部分けあえる お山っていいぃねぇぇ[るんるん]


と言う訳で2018年最初の山は竜ヶ岳

何時ものようにタッパに詰めたノリオカカ弁当

前日冷凍しておいた牛肉切り落とし

玉ねぎとピーマン

コッヘルとストーブ等々をザックに放り込んで

駐車場からのんびり2時間ほどで眺めの良い頂上広場

お肉と野菜を焼いて

お湯をわかして友の持ってきた味噌汁作って

いただきまぁ〜す!

チョコをほおばり紅茶をすすって世間話の花が咲き

そんなこんなの楽しい時間

ああ幸せだねぇ~~~


帰りは本栖湖見ながら別道で下ろう

そして日帰り温泉に寄って汗を流そう


さてさて今年は何回お山に行けるかなぁ……。



                    2018年 4月






nice!(70)  コメント(12) 

トレーニング [丹沢/南関東/富士山]

17s_D4S0505.jpg

その1

お盆休みも終わり

山小屋が空いて来る頃

そろそろ始動しようかなぁ〜

トレーニングしておかなくっちゃなぁ~

クソ暑いけど丹沢大山にでも行っておこうなぁ~

曇り空でもビッチョリ汗だく

嗚呼!疲れたぁ〜


17s_D4S0518.jpg

その2

昨日の疲れが残って朝寝坊

近くの散歩道でお茶をにごす

休まずさっさか歩き大汗かいて

もう少し歩くかと相棒に言われて

年寄りは熱中症に要注意

だから今日はここまで

帰ってビデオ観ようっと


翌日

2日分の疲労がふくらはぎの筋肉痛となって

こんなことで山は大丈夫なのかぁ~

これってヤバクネェ〜



        


          2017年8月





タグ:散歩道 丹沢
nice!(88)  コメント(11) 

24時間滞在できる宿 [丹沢/南関東/富士山]

17s_D4S0320.jpg


17s_D4S0288.jpg



風呂に入って海を眺めて

コーヒー淹れて本を開いて

パソコン出してファンカム漁って

ブルーレイ観て小声で歌って

おいしいごはんを食べてまた風呂に入って

いつの間にか寝入ってしまって

………………

そんなふうに無駄な時間を過ごした休日





2017年7月 山の天気予報が芳しくなかった日










タグ:
nice!(61)  コメント(15) 

The trio [丹沢/南関東/富士山]

17s_DSC10011.jpg


エゾハルゼミ(たぶん)と

ウグイスの鳴き声に包まれて

エッチラオッチラ登った先の

平らな草の上に下ろした

ザックに座って弁当を開き

インスタントみそ汁を

カップにとかしてお昼ご飯。


しばらくすると五月蠅いくらい

賑やかだった団体さんは

下り去って私たち3人だけが

取り残された頂上で

のんびり紅茶をすすって

富士山と南アルプスを愛でた

初夏の昼下がり。


いつものメンツの

楽しきハイキング。



                  2917年5月 竜ヶ岳





nice!(91)  コメント(15) 

山と桜 [丹沢/南関東/富士山]

17s_DSC9432.jpg




17s_DSC9421a.jpg



明日晴れたら


早起きして富士山を見に行こう


と言っていたのに


目が覚めたのは9時過ぎで


慌てて靴とザックをトランクに放り込み東名を走り


昼過ぎに着いた平尾山では強い風が渦巻いて


昼飯どころではなく


天気が良いのに寒さに急き立てられて


チョコレートを一かけら口に放りこんだだけで


石割山経由で下山


途中のあずまやの所でやっとカップヌードルを食べた。


寒かったけど優雅な富士山と可憐なフジザクラ(マメザクラ)……会えてよかった!






              2017年4月 石割山







nice!(47)  コメント(9) 

塔ノ岳と編笠山 [丹沢/南関東/富士山]

16s_DSC4192.jpg

北穂高岳に登る前、トレーニングを兼ねて……

 ☆塔ノ岳

「元気にしてる?」

「最近は寝てばっかりなんだよ」

そぉ〜っと近づいてカシャッ……カメラの音にも無反応

「今度くる時まで元気でいなよ!」

さて、今度ここに来るのは……多分山ビルの活動が少なくなる11月頃かな。

 

☆編笠山

頂上に抜ける前は登りが急……

ふと気がつくと……頭の中を歌が駆け回る

♬へドバンヘドバン……♬……あれっ?

丹沢の時は……♬We are the one……♬って頭の中でグルグルグルグル……ヘビーローテーション

何故これなのかと云えば……

多分、車を降りた時にかかっていた曲が頭に残っているからだと……。

 

皆さん山歩きする時に考えている事は……? それとも無心?

 

 

                        2016年5月 丹沢&編笠山

 

 

 







nice!(89)  コメント(18) 
前の10件 | - 丹沢/南関東/富士山 ブログトップ