So-net無料ブログ作成

山子路爺のネパールトボトボ旅ー最終回 [ネパール]

BC〜アタック〜BC〜チクン〜ディンボチェ~パンボチェ~フォルチェ~ルクラ~カトマンズ~ムンバイ~日本

★アタック


0時にBCを後にした

真っ暗な闇の中ヘッドライトの小さな明かりは前をゆくラメッシュのブーツを照らしていた

砂地の道を行くと建物の脇を通ると……建物?……建物なんかあったけ(多分自分の勘違い)……で、この後はただただ空腹感に苛まれて……5,900M付近で相談の結果引き返す事に……前日事故もあったしね。


と言うわけで目的のピークにはたどり着けずに帰国の途につく事になった次第です。


2018df2198.jpg

ピークに立てなかった無念さを背中で語るサブガイドのジャパン

気に良い貴方に又会えると良いね

2018df2232.jpg

見上げる岩峰に何を思うのか、メインガイドのラメッシュ

来春プモリの頂上に立てると良いね

2018df2355.jpg

姿が良いアマダブラム……母の首飾り

いつも見守ってくれてありがとう


2018df2374.jpg

日が完全に暮れるまでロッジの外の階段に突っ立って山を眺める

タムシェルクとクスンカンガルーかなぁ~


2018df2470.jpg

眺めの良い崖で休んでいると

ザックを前後に背負って登ってきた単独行のフランス人

一言二言ことばを交わして

別れ際に何故かガッチリ握手

同じような年恰好にお互い共感したのかも

大きな力強い手だった

存分トレッキングを楽しんでね


2018df2227.jpg

雪と氷と岩に鎧われたネパールの山々

多分見納めかな

出来ることなら今一度……



★おまけ……情けない事

朝……否、夜中に起き上がろうとしたとき……首に激痛が……翌日歩行困難……でも歩かなきゃ日本に帰れない。

朝食を無理やり詰め込んで、ソロリソロリと急な坂道を谷底まで下ってみたが、どうにもこうにも、背中まで痛みが走って……これより先の行程をを全うする事はできそうも無いと判断……協議の結果ヘリ要請……取り敢えずヘリが着陸出来そうな平坦地まで登り(他人の畑)待機


交渉1

ヘリ会社……運賃の取りっぱぐれ警戒・誰が出すのか決定するまで飛ばない

保険会社……緊急時以外のヘリは自己負担・事態を把握するまでは結論が出せない

現場 …………具合が悪いのだからさっさと迎えに来て欲しい・代金の立て替えを誰がするのか(コーディネーターが本人か)話し合う・こんなにモタモタしてたら緊急の時に間に合うのかなぁ

中々Goサインが出ないまま寒い中に突っ立ていると、空から白いものが……寒さに体が震える


交渉2

そこへ新たな登場人物が……現地語なので細かな所は分からないが、多分次にようなやりとりが……

地主「お前ら俺の畑でなにやってんだ」(ちょっとおかんむり)

ラメ「病人が出たのでヘリを呼んでいる。平坦地が見つからないのでここにヘリを着けたい」

地主「ここは俺の畑でヘリポートでは無い」

ラメ「緊急事態なのでなんとかここを使わせて欲しい」

地主「そんな事は俺とは関係ない。あくまでもここは俺の土地だ」

ラメ「そこをなんとか……」

地主「そんな事を言われてもなぁ〜しょうがない、少し使用料を出せ。2000ルピーでどうだ……ちょっと荷物を家においてすぐ戻って来るから相談しておけ」

というわけで2000ルピー彼に渡した途端、ニコニコ顔でしかも日本語で「ありがとう」……一同爆笑。

そしてヘリが離陸するときには弾ける笑顔で手を降るのであった。


ルクラで一旦降りて天候待ち……1時間半後にカトマンズに向けて離陸……病院の救急車が迎えに来てそのまま2泊3日の病院暮らしの後ホテルにチェックイン……嗚呼情けない!


交渉3

3日後ヘリ代の請求が来て市内の事務所へ……事務員が領収書は後日郵送(?)すると言うような事を言い出すのでまたまたスッタモンダ……結局空港近くの本社まで行ってやっと解決(それにもかなりの時間を要した)


知らない土地に行くと色々あるもんですね。


ヘリ代50万円強も建て替えたし、お土産の紅茶も仕入れたし、ガイド達と最後の食事も済ませたし、色々ありましたが(ネガティブな事例がこの他にも)それはそれ、約1ヶ月のネパール滞在を予定通り(?)終えて無事に日本に帰れることと相成りました。

乗り継ぎのムンバイでANA機に乗り込みアテンダントさんの笑顔にホット一息……成田までBM聴きながら爆睡……成田からのリムジンバスでも爆睡……疲労困ぱいのていでした。



追記:もう一度ネパールに行ってリベンジしたいと言った所、家族全員口を揃えて「NOoooooooo〜!」……ですよねぇ。

追記:ヤクのフン混じりの土埃のためなのか、前半から喘息に悩まされました。かかりつけのDrにラインで相談しながら手持ちの薬で乗り切りました。しかし特筆すべきは、あんな山奥でWi-Fiがなに不自由なく使える事に感動しました。日本の山小屋では……。


以上中途半端なネパール旅行記でした。




                 2018年 ネパールトレック約一月間










タグ:ネパール
nice!(51)  コメント(15) 

nice! 51

コメント 15

よしころん

爺さま、お久しぶりです^^
続きを心待ちにしておりましたよ♪
とにかく無事の下山、帰国にてなによりです!
首の激痛はその後大丈夫でいらっしゃいますか?
私たちも夫婦して座骨神経痛持ち、憧れのネパール行けるかなぁ…
by よしころん (2019-05-23 10:22) 

asa

とにかく、生きて帰れてよかった
年々腰痛が激しくなるわが身、行けるかなあ、ネパール…
こんな山、一度でいいから生で見たい
by asa (2019-05-23 17:45) 

夏炉冬扇

これはこれは大変でしたね。
わたしなら、とうにストレスで斃れてます。
by 夏炉冬扇 (2019-05-23 18:49) 

nousagi

最終章、大変お待たせされました。(笑)
御無事で何より。
首って大事ですよ。
少しは良くなりましたか?
ご家族なら、もうダメって、言うでしょうね。(^^;)
by nousagi (2019-05-24 17:47) 

creeker

ネパールの峰々はスケールが凄いですね!
とても大変な思いでしたでしょうが、無事の下山がなによりですし本当にお疲れさまでした。
いつかこんな素晴らしい山々を歩いてみたいです^^
by creeker (2019-05-25 00:53) 

Jetstream

お疲れ様でした。最後は大変だったようですね。とにかくご無事で帰還されてよかったですね。 それにしても1っか月のネパールとはため息がでます。ヒマラヤは奥深いんでトレッキングも本格的ですね。海外トレッキング、楽なところがいいです。(笑)!(^^)!
by Jetstream (2019-05-26 09:56) 

imarin

ネパールからご無事のご帰還良かったです。
首の痛みは大丈夫ですか?海外で想定外のことが起きたら対処できないなぁ・・
1か月の滞在だとやはり日本が恋しくなるものでしょうか?
食事が良ければ耐えられそうではあるけれど。
これからたくさんの壮大なお写真見れるかしら。楽しみにしてます。
by imarin (2019-05-28 22:53) 

werewolf

むむぅ・・・なんともハードな、そして貴重な体験!
とにかく無事で何より。
しかしここはぜひ、リベンジしてもらいたい(^.^)

by werewolf (2019-06-08 23:40) 

山子路爺

to よしころん さん
夫婦で座骨神経痛……山行中も痛むんでしょうか?そうだと厄介ですねぇ〜。
当方は未だに整形外科通院中です……待合室社交場のメンバーになりそうで怖いです。

to asa さん
何ともはや尻切れとんぼのトレッキングでした。
今はネパールに4週間滞在できただけよかったと思うようにしています。
現地の山は良いですよ……でも日本の山の良さも再発見です。

to 夏炉冬扇 さん
色々なことが有りまして……
とりわけ人間関係は難しいと再確認です。

to nousagi さん
首引っ張りに通院中ですです。さらにそのほかの関節も……
まぁ、症状は軽いものですから山歩きは大丈夫と自己診断しています。

to creeper さん
本当にスケールが大きいくて、自分の感覚を合わせるのに苦労します。
計画は最後まで遂行できませんでしたが、今は良き思い出となっています。

to Jetstream さん
ネパールトレックはエベレスト街道だけでなく、アンナプルナやダウラギリの方も良いところが有ります。色々行きたいのですが、当方はこれでピリオドを打つことにします。Jetさんもぜひ彼の地をトレックしてみてください。

to imagine さん
日本は恋しくなりませんが日本食は恋しくなりますね。
「これから沢山の写真・・・」……あんまり無いんですよね。今回はこれにて終了ということで……カトマンズ市内の写真を少しUPするかもしれませんが……ああ、無いかも。

to werewolf さん
リベンジの気持ちだけはあるのですが……難しいかもですね。
家族の反対と何より経済的な要因が大きなネックです。

by 山子路爺 (2019-06-09 13:48) 

OJJ

♪♬ #$&’&$#$&’(’・・・絶句!     山子路爺さん、まだお若いのでスキー三昧?と思っていましたが今年は無雪期だったはず・・やっぱりトンデモナイ歴史が含まれていたのですね~それに比べりゃ(私の)帯状疱疹の入院なんて目じゃないですね~(予後不良ですが、生きています)
ま、これだけの景色を見て来られたのですからそれはそれで良しとお考えになって小さな夏山を・・・。
by OJJ (2019-06-11 17:20) 

山子路爺

to O J J さん
当方決して若くはなく、山歩きもだんだん限界が見えてきました。でもスキーは計15日くらい行きましたよ。最後はコケて膝の靭帯痛めてしまい、首の痛みとともに整形外科通いとなっています。
帯状疱疹は痛みが激しいと聞きます。どうぞお大事にしてください。

by 山子路爺 (2019-06-13 01:30) 

はるか

幸せなひと月でしたね。
これほど近くまで登ったのに、最後は諦めたのですね。

「悔しかったろうなあ~」と、
素晴らしい写真に見とれておりました。

首、お大事にしてください。
ヘドバンできるように完治してくださいね。
by はるか (2019-06-13 17:38) 

テリー

最後は、そんなことがあったのですか。
無事に帰国できて、良かったですね。
by テリー (2019-06-14 17:11) 

bpd1teikichi_satoh

素晴らしく神々しいヒマラヤの山々羨ましいです。
爺はこの頃講演会の準備等で鬱状態に成りました。
by bpd1teikichi_satoh (2019-06-14 17:15) 

山子路爺

to はるか さん
この程度が自分の実力ということでしょう。
予定の6000Mはならなかったけれど、予定してなかったヘリの乗れたのでよしとする事に。
横アリ初日に参戦……大人しくモッシュッシュシートです。

to テリー さん
できる事ならもう一度等気持ちはあるんですが……まあ無理ですかね。
もし次回があるなら、この経験が生きるはずなんですがね。

to bpd1teikichi _satoh さん
もう少し登れば違った景色を見ることが出来るはずでしたが……
講演会の準備大変ですね。返事が遅くなってしまったので、講演はお済みになったことでしょう。鬱状態も解消となっているとイイですね。

by 山子路爺 (2019-06-26 04:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。