So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

山旅トレーニング4 [丹沢/南関東/富士山]

2018df_0534.jpg    たまにはモノクロ

2018df_0532.jpg     毎度同じ様な写真

2018df_0548.jpg    下界を覗く、雲が多い   

2018df_0572.jpg    ガッチリバリケード、通行禁止だった



霧の中、解除されたばかりの富士山スカイラインを五合目まで駆け上がった。

上空に見える僅かな青空に希望を持って歩き出した。

六合目のオバチャンが「その先を左」と言ってくれたがその意味を戻ってくるまで理解できなかった。

七合目をはじめ全ての小屋は閉まっていた……十分水の用意をして来てよかった。

頂上で昼飯と思っていたが、九合目で空腹に耐えかねて、相棒が持たせてくれた海苔弁と焼きナスの味噌汁とミネストローネスープを食べてエネルギーを注入した。

長めの休憩ののち気合を入れて歩き出したが、九合五尺からは歩いては立ち止まりを繰り返した。

富士宮頂上下山口に小さなバリケードがあって、曰く「頂上から六合目までの登山道は通行禁止」と。

知らなかった、本当にシーズンオフなんだ、でも早すぎない?

よく晴れた頂上で下界を眺めやり「あの雲の下は多分雨だな」と思い、陽光を浴びて紅茶を入れたシェラカップを手にマッタリしている事に少しばかりの優越感を感じた。

一時半過ぎ、最後はカッパのお世話になるかもと思いながら穏やかな頂上を後にした。



☆下って行く途中で何人も登ってくる人達とスレ違った、お昼をとっくに過ぎたのに。

足早に登ってゆくトレラン風の人、大きな荷物でビバークでもするのかと思われる人、そういう人に混じって小さなザックにスニーカーの軽装の人もたくさんいた。天気は下り坂、今から登って帰りは暗くなるかもしれないし大丈夫かなと思っても、なにせ富士山だからいろんな人がいる訳で、そんな考えは余計なお世話か。


それでも最も気になった人……

七合目手前で霧の中から人の声がした(何を話しているのかは分からないが)。暫くして3人の青年とすれ違う。先頭はともかく後続はかなり疲れている様子だった。軽装スニーカー白いビニールのコンビニカッパをまとっていて、まだ上を目指すようだった。話してる言葉は中国語に聞こえた。「そろそろ暗くなるし雨も近い様だからもう上に行くのはやめれば」と言おうとしたが、言いそびれて「コンニチハ、気をつけてね」とだけ言って下山を続けた。七合目をだいぶすぎてから、ちゃんと声をかければ良かったかと少し後悔した。さらに下って前をゆくおじさんに追いついてその事を話すと、彼が一応のことはアドバイスしたとのことなので少し安心した。暫くの間彼と一緒にくだり、最近も低体温症で外国人が亡くなったらしい事など富士山でも事故のことなど教えてもらった。

「富士山で外国人遭難」のニュースがないので、あの3人は多分無理はしなかったんだろう。


みんなぁ〜〜〜、富士山をなめないほうがいいよぉ〜〜〜

富士宮五合目から剣ヶ峰往復は、山渓のコースタイムで10時間、休みなしでね。勿論これより早い人も、12時間でも13時間でも歩け人もたくさんいるでしょう。でもそれには気象や体調や高度障害が出ないなどの条件があってのこと。やっぱり実際に事故が起こってみると考えなければいけないんでは、特に夜中に登っている人はねぇ……


もう一度「富士山舐めんじゃねぇ〜〜〜ぞぉ〜〜〜!」






                    2018年9月 今年2度目の富士山






タグ:富士山
nice!(50)  コメント(11) 

抽選 [中部/東海]

2018S3005.jpg

2018S2999a.jpg

5月、塔ノ岳の帰り道

暮れかかった人気のない林道でパンクしてJAFのお世話になった折

「そろそろ交換時期ですね」とレスキューのお兄さんに言われて

行きつけのタイヤ館で交換したわけですが、その時

「応募用紙に記入してね」と言われたけど

「どうせあたりっこないから」と断ったら

「とりあえず住所と名前だけでも」と言われて……


そんな事もすっかり忘却してしまっていた頃、思い当たらない差出人から

「当選しました」という手紙が来て

「何これ?昨今はやりの引っ掛けじゃない?」

「あれっ、下の方にブリジストンと書いてあるよ」

そこで、タイヤ館に確認の電話を入れると

「おめでとうがざいます、楽しんで来てください」と言われて

「どうせ当たるなら宝くじにしてほしい」などと贅沢なことを言っては見ても

それはそれ、いそいそとやって来た高山の温泉旅館で骨休めをして来た次第です。


たまには応募券など面倒くさがらずに出してみるものですね。





            2018年 8月 飛騨高山






nice!(73)  コメント(19) 

台風 [その他]

2018df0520.jpg

妙な進路の台風が接近した日


羽田発着の航空便が軒並み決行……倅達総勢九人の北海道家族旅行キャンセル……目的地が急遽我が家に変更……狭い玄関から溢れ出る靴……じじいに絡む孫五人……てんやわんやの食卓……映画に連れていってもらえなかったおチビさん、泣かれると思ったが背中で眠ってくれたおチビさん……始まれば生返事連発の任天堂スイッチ……ジジババ孫たち六人での雑魚寝……等々一家十一人の共同生活六日間……


疲労感と脱力感と何より幸福感を残して我が家の台風は去って行きました。





                     2019年7月 自宅






タグ:家族 台風
nice!(42)  コメント(8) 

山旅トレーニング3 [北アルプス]

2018df0456.jpg   真夏の八方尾根をゆく……暑いよぉ〜


2018df0324.jpg   若い声がこだまする唐松岳の頂上……平均年齢がグッと下がる


2018df0416.jpg   小屋の後ろの小高い丘で日の出を待つ……雲が多めなのがチョットなぁ〜


2018df0454.jpg   久しぶりに八方池のほとりに立った……ベタな写真ですが・・・


ハイキング仲間のKさんを誘って相棒と私の三人で夏の八方尾根へ。

連日の猛暑から逃れたい一心で訪れた白馬村も、ここの所の日差しの勢いには抗う術はなく、ただただ「アツイアツイ」を連呼する。

歩き出してすぐに汗だくになって、「選りに選ってこんな猛暑日を選ばなくても・・・」と声には出さずに……「雨の打たれて歩くよりはまだましか」と思い直して……岩の照り返しを受けながら一歩一歩足を運ぶ。


北アルプス入門に最適な八方尾根からの唐松岳……左右に見える名峰達……小さな池と秋まで残る雪渓……足元に咲く可憐な高山植物の数々……頑張ったご褒美は後立山稜線に立った時の立山と劔岳のお出迎え……そしてちょっとだけでスリルがあった予定外の尾根道コースの登り下り……ポピュラーすぎるけど、魅力一杯のこのコース……北アルプスデビューで山小屋泊まりもお初のKさん、楽しんでいただけたでしょうか。

さて、次回はどちらに御一緒しましょうかね。





                  2018年 7月 唐松岳にて






nice!(54)  コメント(15) 

山旅トレーニング2 [丹沢/南関東/富士山]

2018df0163.jpg   富士山もあつぅ〜い!

2018df0179.jpg   最後が結構きついんだよなぁ〜

2018df0240.jpg   ここでは夕日も朝日も見えないけど、空の色の変化は美しい(ノイズ多めなのが……)


5時半「富士山に行ってくる」と言い残して家を出た。

今回は気楽な単独行……いつも付き合ってくれる相棒は、足をハチに刺され腫れがひどいのでお留守番。

気楽なのは良いのだが、話し相手がいないのもなんだか物足りない。

というわけで、富士山2日間で会話したiine!な人たちのことを少し……。

☆外国人のお父さん、日本人のお母さん、可愛い2人のお嬢さんのパーティ……お嬢さん達がお父さんと話すときは英語、お母さんとは日本語、夫婦の会話は英語かな……歩く速さは私より早いが、長めの休み時間の為お互い前になったり後になったり……「また会いましたね」みたいな雰囲気が出来上がって……私がピリ辛高菜おにぎりにむせた時やズルリと滑って尻餅ついたときに「おじいさん大丈夫?」と言ってくれたお嬢さん……「おじいさん」にはチョッピリ抵抗があったものの、実際中学生と小学生の彼女達から見れば間違いなくジジイな訳で……もちろん嬉しかったのです……「行けるところまでのつもりだったが、調子が良くて頂上まで行けました。このまま下まで……」と言い残して元気に下って行った素敵な家族にiine!

☆本日の宿・万年雪山荘にザックをデポ(自分のスペースを確保)して剣ヶ峰ピストン……帰ってくると隣のスペースで同年齢と思しき男性が横になっていた……「今一つ調子が出ないので……」と日帰りの予定を変更してここに泊まることにしたらしい……「十分歳だし、無理して誰かに迷惑かけてもいけないし」……どうやら高山病?無理せず行動の打ち切りを決めた彼の勇気にiine!

☆小屋前ベンチで夕食の用意……メニューはアンパン・ジャムパン・レトルトビーフシチュウ・オニオンコンソメスープ……雲のかかった箱根方面を眺めながら食後の紅茶を飲んでいると、隣の夫婦の話し言葉が懐かしい仙台弁……故郷の話やら山の話やら大分長いことおしゃべり……最後に「家内の方が山好きなんだ。俺はそれ程でもないんだが、しょうがないから付き合ってやってるのさ」と嬉しそうに語った旦那さんの笑顔にiine!

☆前をゆく三人組の言葉が気になって……休憩の時に「中国から?」と声をかけると「中国人じゃないよベトナム人だよ」と日本語が帰ってきた……ベトナム語で「コンニチハはなんて言うの?ー「シンチャオ」……「ありがとうは?」ー「タムビエ」……「さようならは?」ー「シンカムオン」(帰ってからウェブで調べました・なかなか覚えられません・間違っているかも)……別れ際、教えてもらったばかりの言葉で「シンカムオン」というと、「それじゃコンニチハは?」と突っ込まれて「えーと」言葉に詰まって、大笑い……ユーモア一杯のベトナム青年にiine!

☆先頭の若い男性は前と後ろにザック、しんがりの女の子は自分のザックと左肩にもう一つ……2人に挟まれて空身で歩く夫婦(?)……親にしては歳かな?かなり疲れている様子……話し言葉がスペイン語に聞こえて……「エスパニア?」って聞いたらお爺ちゃんが「no itaria...fujisan・・・」……何と言ったのか分からなかったが「富士山素晴らしい」と言っていたと勝手に解釈……「チャオ!」と言ったら「ciao!」っと親指をグイッと……祖父母思いの孫たちにiine!


久しぶりに登った2度目の富士山……その日のうちに下ることも出来た思うけど……セカセカ歩くのは性に合わないし(体力が無い事の言い訳)……3400mの空気を思い切り吸い込んでマッタリしたかったし……高山病の症状が少し出ていたようだし……予定通り9合目泊まり。

昏れなずむ富士を堪能……嗚呼気分爽快。


それにしても外国人密度が高い……英語は勿論、通路を挟んだ向かいの区画では中国語・隣の区画ではドイツ語……小屋番の流暢な各国語での説明に感心してしまう私……さすが世界遺産!


さて次回はどこに行こうか……。





              2018年7月 富士宮口から富士山頂










タグ:富士山
nice!(67)  コメント(10) 

山旅トレーニング [北アルプス]


2018df0100.jpg


2018df0119.jpg


肩の小屋の雪渓は例年より小さく感じられた。

降雪量が少なかったのか、晴天が続いたのか、はたまた雨が多くて融雪が早かったのか、そんな事を思いつつ緩やかな登りにかかった。

前回(5月中旬)はここから頂上までアイゼンを外すことはなく、眼下に見える権現池は雪に覆われていたし、頂上直下の小屋では小屋番が1人小屋を掘り出していた。

左手の雪渓にはスキーヤーやボーダーが頂上を目指していて、蚕玉岳の稜線には先着した人たちのスキーやボードが並べてデポしてあった。

しかし7月の初めともなれば3000mの乗鞍岳と言えども真夏の装いで、日焼け止めなど無意味だと言わんばかりに強烈な陽射しが踊っていた。


仲良し3人組で出かけた初夏の乗鞍は、頬を優しく撫でる風が心地よく、流れた雲間に槍や穂高や御嶽が姿を見せてくれたし、何と言ってもコマクサ・イワカガミ・ヨツバシオガマ(ピンク紫系だけ?いえいえ白も黄色もありましたが名前がわからないので……)などの花々が咲き乱れ私たちを楽しませてくれた。


畳平に帰る途中、本日の乗鞍はあくまでも山旅トレーニングの一環である事を自分に言い聞かせる為に、富士見岳を早足で登ってみたが、最後は息が切れて足が上がらなくなった。

まだまだだな。






                    2018年7月 乗鞍岳










タグ:乗鞍岳
nice!(67)  コメント(9) 

BABYMETAL2018ヨーロッパラウンド [BABYMETAL]

DenpEosWkAMz7PA[1].jpg

ニュルブルクリンク(ドイツ)で行われたフェス「ROCK am RING」でのBABYMETL

多くの観客(何万人?)でっ膨れ上がった2ndステージ

複数のモッシュピットやサークルピット

ノリノリのドイツ人


下に持ち時間30分のフル動画のリンクを貼ります。ブロックされるかもしれません。その場合はご容赦ください。


5分10秒頃に司会者が登場します。

「ワァ〜〜〜凄い数のお客さんだねぇ〜!みんな何処から来たのぉ〜?〇〇からの人ぉ〜(観客オォ〜)〇〇からの人ぉ〜(観客オォ〜)…ベルリン?(観客オォ〜)…日本から来た人ぉ〜?(観客オォ〜)本当なのぉ〜随分熱心なのねぇ〜。さあ、お待ちかねのファンタスティックなBABYMETALよぉ〜(観客:ウオォ〜〜〜)彼女たちは「レッチリ」「メタリカ」「ガンズ」「コーン」などの大物ミュージシャン達とステージをシェアしてるんよぉ〜凄いよねぇ〜。それじゃあ行くわよぉ〜〜〜BABYMETAaaaaa~~~L」てなこと言っていたような気がしたんですが……当方ドイツ語など全く分かりません……適当に書いていますので悪しからず。

終了後、観客からのベビメタコールが凄いデスッ!



DesRgSOXcAEOtvS[1].jpg

ROCK im PARK

翌日、ニュルンベルグのツェッペリンフィールドの2ndステージ

昨日同様の大観衆

メインステージでもいいんじゃないとファンは思うだろうけど、まだまだ新参者BABYMETLですから……その内ヘッドライナーのお声がかかるかも……分かんないけど……そこまで成長してほしい。


ドイツのフェス2日連チャンしてその後は、ワンマンでオーストリア(インスブルック)〜オランダ(ユトレヒト)2Daysと3連チャンして、ドーバー海峡を渡りUK上陸……Downloadフェスティバルへ



DfQ4_ipWsAcY44a[1].jpg

DOWNLOAD festival UK

3度目のダウンロード。

1度目はドラゴンフォースのシークレットゲスト……主催者が「ベビメタなんか呼んでねーぞぉ~。ダウンロードに彼女たちの時間はねーぞぉ~」っと言ったとか言わなかったとか。

2度目は正式オファーでメインステージ……豪雨のなか伝説のKARATE……「パンツの中まで泥だらけだったけど楽しかったぁ~」と言わせたとか。

3度目の今回は2ndステージながらトリ前……これってなにげに凄い……次回はどの位置?

通しのビデオがUPされるような噂も有るらしいですが、とりあえず2曲のリンクを↓↓↓に貼ります。




今回の神バンド……ギター:上手ISAO 下手大村 ベース:BOH ドラムス:青山……デスッ!


私の10月のスケジュールがヤバいことに……数少ない日本公演は参戦できないかも……仕方ない、もうすぐ送られてくるデロリアンを観て過ごそう……嗚呼




2018年 7月……「もう少しだった」と云うワールドカップのもやもやをまだ引きずっている日々……乗鞍岳で涼んで来ようと思って出かけて来た平湯温泉にて





タグ:BABYMETAL
nice!(30)  コメント(2) 

白馬岳六月4 [北アルプス]

2018S2809.jpg

☆4時半起床

先ずは天気のチェック……雲はあるものの青空の割合も多く一安心。

今朝は剱岳が一段と男前……もうすぐ天辺に朝の光が届きそうだ……そういえば、雨降る空模様の割には剣岳が良く見えていたなぁ~。


マカロニーを湯がいて、昨夜多めに作ったクリームシチューに放り込み豪華(?)な朝食を平らげ、コーヒーを飲んだら出発の準備。


気持の良い稜線歩きが待っていることだろう。






2018S2910.jpg


白馬岳~三国境~小蓮華岳と気持ちのいい稜線を歩いて船越の頭手前の鞍部の雪の上にザックを下ろした。

雪原の向こうに見えるのは鹿島槍の双耳峰……それを眺めながらチョコレートを口に入れポカリを飲んだ。

空は青く風はなく絶好のお昼寝日和だ。

眼下には栂池自然園の平坦地が見えていた。

突然M君が……

「このから栂池に直接下ろうか」などと言い出して……

オイオイ気は確かなのか?途中で雪渓が切れていたらどうするんだ?ヤブ漕ぎなんか願い下げだよ、ましてやハイマツ漕ぎなんて……

「チョット確認してくる」……「OK、大丈夫、つながっている」

外したばかりのアイゼンを再び履き、ザックに取りつけたピッケル外し、ヘルメットのベルトを確認して雪の斜面を下りだす。

すぐに傾斜は急になり……

M君ロープを出して……先頭爺さん、セカンド相棒、しんがりM君のオーダーでややトラバース気味に下った。

雪渓に島の様に浮かんだ草付き目指して一歩また一歩と刻んでゆくのだが、それが上から見たよりも遥かに遠かった。

途中で小さくスリップしたが大したこともなく、やっと到着した草付きでロープを外した。

ここからは傾斜も緩んで各自のペースで下り、自然園の浮島湿原入口付近でアイゼンを外した。

木道もほとんど雪の下……それでも咲き始めたミズバショウを見に訪れる人はチラホラいた。

ビジターセンターで通り抜けてきた事情を話して入園料を支払い、レストランで昼飯を食べ、ロープウェイにのった。

思いがけなくバリエーションルート(?)を歩く事になり思い出深い白馬岳となった。



2018S2915.jpg雪渓上の島の様な草付きから稜線方面……向かって左の方から下ってきた。右の茶色の縦じまが不気味。


2018S2916.jpg浮島湿原の上まで下ってきて振り返る……林の後ろのほうから歩いてきた


2018S2673.jpg

2018S2920.jpg上:雪解けとともに咲きだしたツクモグサ……村営小屋から白馬山荘に向かう途中にて
下:カメラケースが蒸れてくもったレンズ……そのままでシャッターを切ってみた……栂池バス停にて





               2018年 6月 白馬岳




☆これはお勧めできるルートではありませんので念のため。天候の急変や、思わぬ落石などの危険が潜んでいまます。今回は天気も良く雪も安定していた上に信頼のおけるリーダーがいたので下りましたが、自分では勿論不可能なことです。安易にここに入られません様にお願いいたします。






nice!(68)  コメント(13) 

白馬岳六月3 [北アルプス]





☆予報通り雨

同宿の二人は出発の準備、大雪渓を下るらしい……でっ、俺たち3人は?

杓子・白馬鑓の方向は雲が厚く、雨はここより強いかもしれない……そういう事にして本日は沈澱(停滞)……明日は回復の予報なので、下山コースを白馬大池経由と変更する事で意見が一致。


☆停滞日にやる事

・本を読む……持参した本・小屋備え付けの本。

・スマホチェック……BABYMETALのヨーロッパラウンドの様子を「BMの使途」さんの記事やオマイツさん達のツイート等々からチェック……凄い盛り上がりだったらしい。

・メールの送信……昔の山仲間に「白馬岳だよぉ~」ってメールして羨ましがらせる。

・昼飯準備……と言ってもカップヌードルにお湯を入れるだけ。

・空模様のチェック……時々外に出てみる・TVの天気予報をチェック……明日は回復確実?のはず。

・散歩……15時ごろ雨が上がったのでブラブラ頂上へ……誰もいないと思ったら、3人パーティが白馬大池経由で登って来ていた……今夜の宿泊者は合計2パーティ6人。

・談話室のストーブを囲んでおしゃべり……大雪渓の登りで「もう山は引退かな」などと考えていたのに、いつの間にやら「来年6月は奥穂高岳に決定」ってどういう事?……ヨォ〜シ!アズキ沢登ぞぉ〜。

・夕食準備……鑓温泉で幕営時食べる予定だった夕食をここで(本日は素泊まりです)……メインはクリームシチュー……豪華夕食。

・そして余った時間(これが一番長い)……寝る。




                  2018年6月 白馬山荘にて






nice!(51)  コメント(7) 

白馬岳六月2 [北アルプス]

2018S2643.jpg

白馬尻の小屋はまだ建っていなかった。

アイゼンを履いてからおむすび一つ頬張ってエネルギーを注入した。

ここからコースタイム約5時間……私の足では6時間(?)……休憩も入れれば7時間(?)……急ぐ旅でもないし、日のあるうちに白馬山荘にたどり着けば……マイペースで行きましょう。


実は私、大雪渓をなめていました。

何せ白馬岳と言えば、昔から女性人気No1……「高山植物が咲き乱れる女子供でも登れる優しい山」のイメージが……でっ、実際は?……思っていたよりかなり急!というか「キツイッ!」……ハイッ、まいりました……バテたのは一応歳のせいという事で←(運動不足を棚に上げてます)ハイッ。


空には薄い雲が出て来て天気は下り坂、天気予報は当たりそう。

振り出す前に小屋に滑り込めるか……ピッチを上げたいが、そうも行かず……小屋前で降られるかも。



2018S2667.jpg

葱平では夏道が顔を出していた。


アイゼンを着けたまま夏道を少し歩いてみたが歩きにくい事おびただしいので、あきらめて再び雪上に戻って直登。

「この辺りが避難小屋があるけどまだ雪の下だね」ってMさんのんきにしゃべっているけど、こっちは息も絶え絶えで、出てくる言葉は「一服つけようよ」と休憩の催促ばかり……やっぱり歳だね(ここ強調)


村営小屋のベンチで大休止……かなり寒い!気温は?一桁?……カッパの上着を出してはおり……残ってるおむすび半分とアンパンを水で流し込んで空腹満たして……気合を入れて「あと30分位?」かな。



2018S2672.jpg

ガスの中に白馬山荘がぼんやり見えた。

傾斜が緩んでやっと雪渓が終わりアイゼンを外した。


この時期から咲き始めるツクモグサがお出迎え……少しだけ疲れが和らぐ。

本州では、ここと八ヶ岳にしかないらしい……そういえばウルップソウの分布と似ているが、白馬岳と八ヶ岳とに植物分布上の共通点があるのだろうか……分かる人教えてぇ~。


でっ、猿倉からのコースタイム約6時間の所……8時間……まあ年の割には良いペースだったと言っておこう。

そして急登にあえいでいた時に「そろそろ山は引退かな」なんて考えていたことは内緒にしておこう。


白馬山荘・キャパ800人……北アルプス最大(多分日本最大)の山小屋に本日お客さん2パーティ5人……こういうのって何だか嬉しい。

濡れたシャツや靴下を乾燥室につるしてたら談話室集合……ストーブを囲んでお茶を飲みながら今日の出来事を笑い話の種にしよう。


さて明日の天気は……どうやら雨……どうするかは明日の朝……出来れば晴れてほしいな……雨の中歩くのも嫌だし、テント設営も難儀だしね。


部屋にある布団を贅沢に使って(敷布団3枚・掛け布団2枚・毛布1枚/1人)温温ベッドでお休みなさい。

ではまた明日!






                 2018年 6月 白馬岳







nice!(63)  コメント(9) 
前の10件 | -