So-net無料ブログ作成
検索選択

いっしょにまいるー上空から [北陸]

15sDSC_4967.jpg

15sDSC_4969.jpg

15sDSC_4971.jpg

15sDSC_5076.jpg

15sDSC_5082.jpg

 

北アルプスの山小屋でのんびり日の入りを待っていると、はるか上空を西日を浴びながら飛ぶ飛行機を見る事がある。後方に白い飛行機雲を引きながら、時には2機続けてやってきたりする。そんな時、飛行機からの北アルプスはどのように見えるのだろうかと思ったりする。

 

2月末で消滅するANAのマイルが有る。

そのマイルを使って「いっしょに参る」といこう……運賃は2人で往復21,000円、向かうは小松空港……北アルプスを跨ぐ飛行ルート…… 曇り空の羽田を飛び立ち雲の中をぐんぐん上昇する。

窓の外は真っ白で視界は無くがっかりしていると、突然青空が現れてカメラを再び取り出した。

左手後方に雲上の富士山、眼下に八ヶ岳連峰、あれは御岳山か乗鞍岳か、遠くに白山が、そして着陸態勢に入る直前に槍の穂先がチラッと見えて、山屋の心を和ませる。

今年はいくつ登れるか、春が待ちどうしい。

 

帰りもアルプス上空を飛ぶものと思っていたが、白山の南側を太平洋に抜けるルートだった。

アルプスは遠く小さかったが、白山は間近に見る事が出来、これはこれで良かった。

愛知県に入ると急に雪は無くなって、やたらゴルフ場だけが目についた。

太平洋沿岸を北上した飛行機は、富士山を見せてくれたのを最後に雲の中に突入して、再び視界が開けたのは着陸直前 雲の下に突き抜けた時だった。

慌ててカメラを出して最後のカット 東京湾を撮った。

 

この短い旅では、永平寺も泊まった宿も最後に立ち寄った九谷焼の竃も良かったが、私にとっての一番は何と言っても往復の機内の2時間だった。

 

 

 

2015年2月 北陸への短い旅

 


タグ:飛行機
nice!(104)  コメント(18)