So-net無料ブログ作成
検索選択

東京ドーム 雨 Black Night [BABYMETAL]

16s_DSC5247.jpg
コープスペイントで気合十分  
 
         16s_DSC5259.jpg 
ピカチュウも登場 
 
16s_DSC5279.jpg  
 
 
 
 
ダダダダダダン……全員総立ち 
 
デスデスデスデス⇒アァ〜〜〜イェイ⇒ユーアンドミー⇒メタ……⇒バカヤロォ〜⇒(神バンドソロ)⇒アカツキダァ〜〜〜⇒パパのお嫁さんになるんだぁ⇒ゼツボウサエモ……⇒イマナンジィ〜⇒ソレソレソレソレ⇒ヘドバンヘドバン……⇒ダメダメダメダメ⇒ウィーアーベビーメタール!!!!!

  ………………
 
 
WOW WOW WOW……55,000人の大合唱が…… 

アカツキとNO RAIN NO RAIBOWで不覚にも……
 
ダメジャンプ でドームが……
 
 ………………
 
 
 
MC無しアンコール無し 90分一気に駆け抜けた潔いライブパフォーマンス
 
ここに足掛け6か月に及ぶWold tour 2016 完結 
 
ペタリ椅子に座り込む俺……どうなってるのあの姫達のスタミナ
 
 
 
………………
 
 
 
この後12月にレッチリとUKツアー8公演……日本からも行く奴いるだろうなぁ 
 
 
 ………………
 
 
 
今夜の神バンド G:大村孝佳&LEDA  B:BOH  D:青山英樹
 
 
 
 
 
2016年9月20日 東京ドームにて 
 
 
 
 

nice!(84)  コメント(18) 

木曽駒ケ岳 [中央アルプス]

16s_DSC5192.jpg       宝剣岳へ

16s_DSC5220.jpg   木曽駒ケ岳頂上

珍しいこともあるものだ。

「宝剣を経由して行かない?」

相棒の口からこんな言葉が出てくるなんて……どうしたの?

……………… 

十数年前、ロープウェイで気楽に行ける木曽駒に行こうという事になって、どうせ行くなら宝剣を通って行こう と話しがまとまった。

だが、何処でどう調べてきたのか「危険なコース」だとか、「滑落事故もあった」とか言い出して、「普通に木曽駒ピストンで良い」と言い出してしまった。

なんとかなだめて宝剣を登ったのだが、だいぶ怖かったらしい。

そんなわけで「宝剣を経由して……」にはちょっと驚いた。

……………… 

山で計画を変更するのはあまり好きではないのだが、ロープウェイを下りるとそこには大人数のパーティ(かなり高年齢の)が……彼らと一緒に歩くのは(自分たちも負けないくらい高年齢なのだが)煩わしい気がして、自然に足は左の方に向かってしまった。

ヨシッ、宝剣から行こう。 

………………

南陵の所々に現れる高度感を楽しみながら着いた極々狭い頂上で少し写真を撮ったのち、北陵を下ろうとしたら行く手から学生さんの一団が 現れて、すれ違いに20分もかかってしまった。

先頭の人ビビってるんだけど、この先のほうが高度感あるのに大丈夫かなぁ~、下りだとなおさらだし。

気を付けて行ってね。 

………………

駒の頂上にはあの大人数のパーティがいて「なんで神社が二つあるんだろう?」と盛んに訝しがっていたので……「たぶん木曽の神社と伊那の神社です 、間違っているかもしれないので帰ったら調べてください」……と言っておいた……本当の所は???

今回は昼飯らしき物を持ってこなかったので、オニオンスープと紅茶とクッキーですきっ腹をごまかしてさっさと下山にかかった。

途中で外人3人組とすれ違ったので、いつものようにちっちゃな国際交流……イングランド2人とアイルランドの3人……特に内容なんかないんだけど「楽しんでね!」なんて言ってわかれた。

最近山道で外国の人と会うことが多くなったと思う。

………………

「ところで宝剣の感想は?」

「楽しかった!」

「そうだね、大キレットも2度行ったしジャンダルムも行ったしね。でも、変にビビるのもよくないけど調子に乗るのもね……」

嗚呼!腹減った……昼飯抜きだもんなぁ~~~!

 

 

 

2016年 9月 木曽駒ケ岳 

 

 

 

 

 


nice!(93)  コメント(18) 

台風と台風の狭間……谷川岳 [奥利根/北関東]

16s_DSC5029.jpg
 
頂上は乳白色だった。 
 
風をやり過ごせる場所を選んで昼飯の用意にとりかかった。
 
用意といっても湯を沸かして、カップみそ汁と即席トン汁を作るだけで、あとは弁当箱に詰めてきたおむすびを取り出せば終了と簡単なものだ。
 
そうこうしていると、たむろしていた数人は展望をあきらめて小屋のほうに下って行き、私たちだけが頂上に残された。
 
いつも賑わっている谷川岳で静けさに包まれるのは何時以来のことだろう。
 
もう一度湯を沸かしてコーヒーを入れていると、急に青空が現れて、「青空が……」と思っているうちに急速に霧が飛んでゆき、オジカ沢の頭から川棚の頭に続く緑の優美なカーブが見えてきた。
 
何枚か写真を撮っていると、先ほど下りて行った連中や小屋付近で休んでいた人たちが急ぎ足で登ってきて、またいつものにぎやかな谷川岳となった。
 
予報ではこの後天気は下り坂、空の機嫌が良いうちに急ぎ下ってしまおう。
 
 
 
 
 
 
                   2016年8月 谷川岳 
 
 
 
 
 
 

タグ:谷川岳
nice!(71)  コメント(9) 

塔ノ岳と編笠山 [丹沢/南関東/富士山]

16s_DSC4192.jpg

北穂高岳に登る前、トレーニングを兼ねて……

 ☆塔ノ岳

「元気にしてる?」

「最近は寝てばっかりなんだよ」

そぉ〜っと近づいてカシャッ……カメラの音にも無反応

「今度くる時まで元気でいなよ!」

さて、今度ここに来るのは……多分山ビルの活動が少なくなる11月頃かな。

 

☆編笠山

頂上に抜ける前は登りが急……

ふと気がつくと……頭の中を歌が駆け回る

♬へドバンヘドバン……♬……あれっ?

丹沢の時は……♬We are the one……♬って頭の中でグルグルグルグル……ヘビーローテーション

何故これなのかと云えば……

多分、車を降りた時にかかっていた曲が頭に残っているからだと……。

 

皆さん山歩きする時に考えている事は……? それとも無心?

 

 

                        2016年5月 丹沢&編笠山

 

 

 







nice!(89)  コメント(18)