So-net無料ブログ作成
検索選択

天気予報がピッタリと…… [北アルプス]

 

16s_DSC4812.jpg       不帰ノ嶮(左3峰・右2峰)

16s_DSC4783.jpg        扇の雪渓(例年より随分小さい)

 

雨の昼休み、天気予報を確認すると……

『この雨は夜半過ぎには上がり天気は回復……明日の明け方より晴れて日中いっぱいは晴れ間があるが長続きはせず……午後遅くには雲が多くなり雷雨の所も……明後日は終日ぐずつくでしょう』

と言う事で……せっかくの休み……日帰り出来る涼しい所は……唐松岳でも行こう……7時50分ゴンドラ乗り場……アリャ!私たちの前に並んだ学校登山の生徒さん……でも思ったよりスムーズ動いてウサギ平……生徒さん集合に手間取っている間に八方池山荘を出発……八方池でおむすび一つ……扇の雪渓でもう一つ……小屋に荷物おいて頂上へ……少し登って相棒足つって……何度も登っているから今日は帰ろぅ……小屋前で紅茶沸かして一休み……一気に下るぞぉ~って足大丈夫?……前方に黒い雲が湧き出して……車に戻ってしばらくしたら……ポツリポツリとやってきて……その後本格的に雨が……翌日雨時々曇り……天気予報も当たるもんだ。

 

 

2016年7月 唐松岳 

 

 

 

 

 

 


タグ:唐松岳
nice!(83)  コメント(16) 

穂高に抱かれてー北穂高岳 [北アルプス]

16s_DSC4635.jpg      もう少しで頂上

16s_DSC4716.jpg       常念岳はよく見えているのだが……

16s_DSC4738.jpg       翌朝槍ヶ岳がチラリと……

16s_DSC4746.jpg       前穂北尾根を見ながら下山しよう

 

☆北穂高岳

滝谷からのガスの襲来で北西方面の見通し悪し

南東方面は穂高も涸沢も常念も比較的よく見えていたのに

天気が良ければ大キレット方向に少し下ってみようかと思っていたが……

そんな気持ちは萎えてしまった。

 

☆月も星もない夜

ヘッドライトの光は、立ち込める霧をむやみに照らす

テラスのテーブルはぬれていたが、雨は降らなかったようだ

日の出までは今しばらく時間があるのでもう一眠り

その時にはこの霧が何処かに飛び去っていますように。

 

☆今回3度目の頂上

「お世話様ぁ〜」 「また来て下さい、お気をつけてぇ〜」

北穂の頂上で、置いたザックに腰を下ろして、未練がましく、雲が切れるのを待つ

雲の塊が来ては去り来ては去りを繰り返す

雲の切れ間に一瞬槍の穂先が……カメラを構えた時には……その後、見えるような見えないような……

「今回はこんなところですね 」 「行きましょう」

 

☆雪渓を下る

鉄梯子下から夏道を外れて雪の上に

ドンドン、ドンドン、ドンドン下る

あっという間に涸沢小屋の横を抜けて雪渓の末端に

あまりに速すぎて膝がプルプル……嗚呼!歳だ。

 

 

☆雨

本谷橋手前でついにポツリポツリ

どう言う訳かザックに入っていた傘さして

黙々と歩くのは、林道歩きに対する嫌気なのか、それとも穂高に残した未練なのか

まぁ、近いうちにまた来よう。

 

 

 

2016年6月 北穂高岳

 

 

 

 


タグ:北穂高岳
nice!(84)  コメント(15)