So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤリはヤリでも……テン場 [北アルプス]

17s_D4S0035.jpg  


17s_D4S0075.jpg


17s_D4S0065.jpg


17s_D4S0132.jpg



猿倉荘の前でザックを背負った……ヨイショ!……重い!先が思いやられる。


猿倉から少し行った所で大雪渓への林道から分かれて鑓温泉への山道に入った。

ガサゴソ・パキンペキン、落ち葉を踏み枯れた小枝を踏み、靴底に伝わる感触が気持ちがいい……ただし荷の重さを無視すればだが。

すぐに夏道は雪の下に隠れて判然としない。

時々立ち止まって方向を定め、倒れている木々を避けたり跨いだりして歩きにくい箇所をひとがんばりし、やがて林を抜けて見通しの良い雪の原に出た。

少し早いがここでアイゼンを履いた。


雪は腐り気味で、時々アイゼンが効かずに踏ん張った足がズルズル滑ってしまい、これが繰り返されると意外と体力の消耗を招く。

小日向のコルで宿で握ってもらったオムスビを一つ頬張って元気を注入し、迫力を増した北アルプスを眺めながら、杓子沢と鑓温泉からの沢の出合あたりを目指して雪の厚そうな場所を選んで下る。


下りきって一休み。

ここからはテン場の鑓温泉までが辛い(私にとって)雪渓登り。

とにかく一歩一歩足を前に出すしかたどり着く術はない。

時々白馬岳方面に荷揚げのヘリが飛んでゆくのが見える。

あれに乗せてもらったら……運賃いくらだろう……多分私が払える金額じゃないだろう……そもそも人は乗せないかも……でも乗りたい……姑息な考えが頭の中を廻る。

20歩歩いて一息入れて、30歩歩いて立ち止まり、また20歩歩いて杖にすがって……を繰り返す。

仲間よりかなり遅れてやっと温泉に着いた時にはテント設営が始まっていた……あ〜シンド!


☆本日の宿

3〜4人用のテント1張。

ブルーシートで作ったダイニングキッチンは雨への備え。

早速紅茶を沸かして大大休憩。

空を見上げ、この様子なら夕焼けが見られるかもとほくそ笑む。

でも天気は下り坂なんだよなぁ〜。


☆本日の水道

鑓温泉小屋の資材と残雪との隙間にコッヘルを2個置いて滴る雫を受ける。

こんなスピードではいっぱいになるのはかなり時間がかかると思ってたが、意外にも早く他の用事をしている間に溢れてしまっていた。

1度沸騰させてから冷ましてペットボトルに移し飲料水を確保。

さて、この後は豪華夕食の調理時間だ。


☆お風呂

何と言っても今回の目的の大きな部分は温泉に浸かることだ。

誰もいないと思っていたが、ボーダーが1人温泉に浸かって優雅にティータイムしている。

待ってもいられないので「失礼」と声をかけてひとっぷろ浴びる。

体が冷えているので初めは熱く感じられるが、しばらくすると……極楽です。

完全源泉掛け流し混浴露天風呂……サイコー!……若い女性はいませんでしたが。



(注意)

先ほど現地からの連絡が入り、落石が発生し鑓温泉浴槽に穴が開いてお湯が溜まらない状態のようです。

付近は残雪が多く小屋建てが始められず、鑓温泉の夏季営業は大分遅れる模様とのこと。

またGPSを頼りに登山をすると夏道を通ることとなりますが、鎖場付近(鎖はまだ雪の下です)が非常に急斜面となっている為滑落の危険があります(実際死亡事故も発生しています)。さらに温泉より下部のルートでは杓子沢付近の雪崩と落石の危険も大きいので(今回実際に目撃)、後立山稜線から小日向のコル間の夏道はこの季節使用できません。何れにしてもルートファインディングが重要となります。







                 2017年6月 白馬鑓ヶ岳







nice!(83)  コメント(11) 

nice! 83

コメント 11

asa

鑓温泉コースは登りも下りも通ったことがありませんが、
20歩歩いて一息入れて…よくわかります
by asa (2017-06-17 07:29) 

RNnori.

いつも前向きに素晴らしい体験記録。
これを続けて沢山の人に読んでもらい。あと家族の方にも。
素晴らしい事です。何故こんなに辛い思いをして登山でしょうか。
解るような?そんな感覚です。
by RNnori. (2017-06-17 09:07) 

山子路爺

to asa さん
30歩が20歩に10歩に……
一気に登り切る体力と若さが欲しいです!

to RNnori さん
何故山なんかに登るのでしょうね。
自分でもよくわからないんです。でも里に戻ってくると、また行きたくなってしまいます。今も次の計画立案中です。なかなかいけないんですけどね。


by 山子路爺 (2017-06-18 10:57) 

hatumi30331

2枚目の写真が好きです!

温泉に入られて良かったですね。^^
混浴露天風呂?
それはそれは〜(笑)
by hatumi30331 (2017-06-18 12:39) 

山子路爺

to hatumo30331 さん
上空を飛んでゆくのは富山行きか……
この青空も朝の朝には雲が……
by 山子路爺 (2017-06-18 14:58) 

nousagi

キツイですよね~
私はおそらく、山子路爺さんの半分ほどの荷物なのに
5歩歩いては立ち止まり、なんてこともしばしばです。
止めたらいいのにねぇ。
なんで行っちゃうんでしょう。(^^;)
by nousagi (2017-06-18 15:46) 

はなだ雲

「腐り気味の雪」って
たぶん見たことないです
この季節の高いお山のうえだから、きっとあるんですね^^
by はなだ雲 (2017-06-18 17:12) 

sigedonn

こんばんは、
写真見て、深呼吸!!
ありがとうございます。
by sigedonn (2017-06-18 21:17) 

山子路爺

to housagi さん
どうして止めないのでしょうね。
何処かに出かけようかと思ったときは、まず第一に「山」が頭に浮かんでしまいます。きっと病気なんですね「ヤマイイ」という。

to はなだ雲 さん
春の雪(残雪)が解けて柔らかくなってる状態だと私は解釈しています。固く締まった雪はアイゼンが効いて気持ちが良いのですが、緩んだ雪は効きが悪く歩きにくいです。この季節は雪があるだけで嬉しいんですがね……ちょっと悪態をついてしまいました。

to sigedonn さん
都会に無いもの……澄んだ空気と澄んだ水
ですかね。

by 山子路爺 (2017-06-19 01:03) 

werewolf

雪があるようなところには熊は出ないのでしょうかね。

最近、知り合いが仕事で山に行ってクマに遭遇したそうです。
去年から今年にかけて多いみたい。
気をつけてくださいね。
by werewolf (2017-06-20 22:11) 

山子路爺

to werewolf さん
そんな事はないようです。
何年か前の6月、友人が槍沢の雪渓を下っていた時前方にクマが行く手をさえぎっていたという事がありましたので、雪渓上にも出没するらしいです。まあ、私は足跡とか爪痕しか見てません。

by 山子路爺 (2017-06-21 01:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。